【サシェ用シリコンモールド】簡単にアロマワックスバーが作れる。(Ever garden)

ネットなどでよくみるタイプのシリコンモールド(型)を紹介するよ。

ハンドメイド専門店のEver garden(エバーガーデン)

Ever garden」ではハンドメイドで使えるシリコンモールドを販売されています。

やはり専門店なだけあって身近では販売されていないような様々なバリエーションのあるシリコンモールドを取り扱われていますね。

主に楽天やYahooショッピング、Amazonなどでネット販売されています。

「サシェ」って何?

サシェはフランス語で「香り袋」という意味です。

袋の中にハーブやドライフラワー、香料を入れていたモノが芳香剤のように使われていたのが原型ですが最近ではキャンドルで使われているワックスで作る「アロマワックスサシェ」が人気です。

Scents 香り袋 サシェ テディズドリームの香り アロマ フレグランス
created by Rinker
ROSY RINGS(ロージーリングス) ボタニカルワックスサシェ アプリコット&ローズ 1個入
created by Rinker

というわけで実際にアロマワックスサシェを作る事ができるシリコンモールドを購入してみました。

ワックス用の大きめなモールドはEver garden製のものが定番ですね。

モールドをお探しの方は是非参考にしてみて下さい。

サシェ用のシリコンモールド(長方形&楕円形)

こちらは長方形&楕円形タイプのシリコンモールドです。

長方形3つ+楕円形3つの計6つ同時に作る事ができますね。

(耐熱温度-40℃〜230℃)

特徴はなんといっても吊るす為に必要な通し穴部分もシリコン型があるところですね。

繊細な部分なので最初から付いているのはありがたい。

型はシリコンで作られていて柔らかいので簡単にカットすることもできます。

用途や好みに合わせて使いやすい方法を見つけましょう。

ちなみに裏面はこんな感じ。

【Ever garden】 長方形 楕円形 穴あき 通し穴 タイプシリコンモールド
created by Rinker

サシェ用のシリコンモールド(丸型&ドーナツ型)

こちらは円型&ドーナツ型(穴あき)タイプのシリコンモールドです。

円型3つ+ドーナツ型3つの計6つ同時に作る事ができます。

(耐熱温度-40℃〜230℃)

自分はコチラも個別で作りやすいようにカットしました。

色んなネットショップで1つにカットしたモノが販売されていたりしますが割高になっていますので複数作る予定があるなら”この6つ分のまとまったタイプ”を買う方が断然お得です。

【Ever garden】 リース 丸 丸型 穴あき 通し穴 タイプシリコンモールド
created by Rinker

実際にワックスを使ってプレーンで作ってみました。

今回は大豆ワックス(ソイワックス)の植物性ワックスで作りました。

香りを付ける場合は大豆ワックスやミツロウなど相性が良いモノを使うのがベターですね。

【 NatureWaxC-3 】 ソイワックス ソフトタイプ 3kg
created by Rinker
蜜蝋 / ミツロウ 200g
created by Rinker

【長方形タイプ】モールドサイズと完成サイズ

長方形タイプの型サイズ。

完成サイズ(公式)10.2cm×5.2cm×2.0cm
重さ 100g

※実際の完成サイズはワックスの収縮があるので変動があります。

モールドサイズ(※おおよそ)10.5cm×5.5cm×2.0cm
通し穴サイズ 0.5cm(上から0.7cm)

【楕円形タイプ】モールドサイズと完成サイズ

楕円形タイプの型サイズ。

完成サイズ(公式)10.5cm×5.2cm×2.0cm
重さ 94g

※実際の完成サイズはワックスの収縮があるので変動があります。

モールドサイズ(※おおよそ)10.6cm×5.4cm×2.0cm
通し穴サイズ 0.5cm(上から0.7cm)

【円型タイプ】モールドサイズと完成サイズ

円形タイプの型サイズ。

完成サイズ 直径7.3cm×1.9cm
重さ 72g

※実際の完成サイズはワックスの収縮があるので変動があります。

モールドサイズ(※おおよそ)直径7.6cm×2.2cm
通し穴サイズ 0.5cm(上から0.3cm)

【ドーナツ型タイプ】モールドサイズと完成サイズ

ドーナツ型タイプの型サイズ。

完成サイズ 直径7.3cm×1.9cm 太さ1.3cm
重さ 46g

※実際の完成サイズはワックスの収縮があるので変動があります。

モールドサイズ(※おおよそ)直径7.6cm×2.2cm 太さ1.5cm
通し穴サイズ 0.5cm(上から0.3cm)

深さは自由に減らす事はできますが耐久性が下がるので注意。

またサイズや重さはあくまで目安なので参考までにして下さい。

作る際の応用・注意点など

通し穴の部分はどうしても耐久性が低いのでワックスが固まった際は慎重に取り出して下さい。

色を付けることもできます。クレヨンなどでも手軽に色は付けられますが独特の匂いが強いので専用の顔料を使うことをオススメいたします。

キャンドル顔料 キャンドル染料
created by Rinker

香り付用のアロマオイル

サシェ用に香り付けする場合はエッセンシャルオイル(天然の精油)よりもアロマオイル(フレグランスオイル)の方が向いているでしょう。

高くてもナチュラル由来のモノがいい場合はエッセンシャルオイル、リーズナブルに芳香性が高いモノがいい場合はアロマオイルが良いと思います。

生活の木 アロマオイル エッセンシャルオイル
created by Rinker

試しに余っていたドライフラワーを使って作ってみました。

コツを掴むまではなるべく安価なモノで実験してみると良いでしょうね。

是非作ってみて下さい!

 

【ドライフラワー用シリカゲル】定番(豊田化工)VS100均(セリア)
ドライフラワー用のシリカゲルがたくさん販売されていますが100円ショップ(ダイソー、セリア)などでも買えるモノと定番と言っても過言でない豊田化工のモノでどのような違いがあるのか?実際に使ってみた感想です。結果、どちらもキレイにドライフラワー を作る事が出来たのですが気付いた点をまとめました。これから始められる方の参考になればと思います。
【hinokiLAB】「ヒノキ 」の香りが素晴らしい!(新庄村)
新庄村のヒノキから作られたラグジュアリーな和精油。「hinokiLAB」が販売している精油(エッセンシャルオイル)を購入しました。ネットやアンテナショップ、新庄村の道の駅で購入可能です。今回は3種類(木、枝葉、葉)ある中から枝葉をチョイスしました。中間のグレードでバランスの取れたヒノキの香りです。お値段も中間で30mlならわりとリーズナブルなお値段で購入することができます。
【パラフィンワックスとは?】キャンドル作りの材料。
キャンドルの材料として知られている「パラフィンワックス」一般的に安価で手に入れる事ができるキャンドルはこのタイプで作られています。アロマオイルや精油(エッセンシャルオイル)で香りを付けるキャンドルとしては向きません。個人的にソイワックス(大豆)やミツロウよりもススが出やすいので屋外向きだと思います。

コメント

スポンサー

タイトルとURLをコピーしました