「ベンガラの聖地」吹屋ふるさと村で心を染めてきた【岡山県高梁市】

ノープランの旅

べんがら(弁柄、紅殻)とは?

独特な赤色が特徴的。

土から採れる成分で、主に顔料などに使われている。

日本では古くから陶器、漆器、屋根瓦などに使われてきました。機能面などで考えると「うるし(漆)」に似た感じで使われてきたモノですね。

高梁市にある「吹屋ふるさと村」

岡山県高梁市成羽町にある「吹屋ふるさと村」は、当時ベンガラで栄た地域です。

屋根や、建物全体がベンガラの赤色に染まっていて独特な雰囲気を漂わせています。古民家とか好きな方も楽しめるのではないでしょうか?

現在は日本遺産として認定され観光できるスポットになっています。

切上り長兵衛の痕跡

吹屋への道中、すぐに小さな洞穴を見つけた。

渡り坑夫「長兵衛」がここを訪れていた時の痕跡のようだ。

特に坑道を上向きに掘るプロだったらしい。

べんがら 染め体験の建物

自分が行った時にはしまっていました。(ノープランだからこうなる笑)

喫茶「吹屋の紅や」

吹屋の紅や

駐車場からテラス席が見えていた。喫茶店だったみたい。

一通り巡ったら寄ろうと思ったけど時間がなくて断念した。

お食事・喫茶「金子や」

金子や

ここはお店だけどこういう家に住んでみたい。

土壁の雰囲気もいいし、べんがらで染めた部材がいいなぁ。

道を挟んでテーブルやベンチがあって休憩できるとこもある。バス停の看板がありますがここにはバスは止まりません。

もしバスが停まっていたとしたらそれはあなたにしか見えていません。

この辺りはポツンポツンとお店とかがあるくらい。道も整備されているから歩きやすい。

松浦商店

松浦商店

お店はやってるのかな?ちょっと早く来過ぎたから準備中のところが多かったのかも。

キレイな街並みが続く。

美容「髪の癒し処 彩紅」

髪の癒し処 彩紅

ヘアーカットやヘッドスパができるお店のよう。完全予約制みたい。

まぁ、いっぺんにお客さん来られても対応できないもんね。

古い看板のレトロ感。

右の建物は城井田商店というお米屋さんかな?

天開道大神宮。

村の規模からするとかなり規模がでかい気がする。べんがらで栄えた当時が甲斐見えた気がする。

が、真相はわからぬ。

この辺りから少し賑わっている感じというか、中心部っぽい感じがする。

カレー屋さん「つくし」

つくし

カレーをメインに取り扱っている喫茶店風なお店。こちらで「野菜スープカレー」を頂きました。

お土産「麻田百貨店」

麻田百貨店

べんがら染めのアイテムや食品が買えるお店。

ふるさと村の中では一番ハイカラなお店という印象。こちらでお土産を購入しました。

(吹屋の紅てんぐ)

※一応「観光地」という事で商品であろう写真を撮らせていただいたんですが、民家っぽいし人んちに干してある洗濯物を撮影している気がして複雑な気分になりました(笑)

ドラクエとかFFで人の家に勝手に入って引き出し開けたり、ツボを破壊してアイテムを取る感覚。

食事「松栄館」

松栄館

旅館と書いてありますが、現在は定食を提供しているみたいです。

べんがらの赤がマッチした「郵便局

当時の明治7年に開局した郵便局の建物は残しつつ、かたわらに現在の郵便局があります。

とぼとぼ歩くだけでもなんか楽しい。天気が良い日でよかった。

酒屋「長尾醤油酒店」

長尾醤油酒店

お酒や醤油をメインに扱っているお店。お酒は普段飲まないけどお土産とかでならちゅっと買って飲んでみても良いかなぁ?と思う。

喫茶「楓」

まだ準備中だったのかな?ここにはカフェがあるみたい。

郷土館がある。

入場料を払って中を見学できます。歴史など興味ある方は立ち寄るべきスポットですね。

旧片山家住宅

べんがら製造、販売を仲間らと組織し市場を作り上げてきた豪商「浅次郎」さん宅。

こちらも見学ができます。

(写真に不思議な光が映り込んでしまってました)

お土産「べんがら屋」

べんがら屋

べんがらの染物や食品を販売しているお店。べんがらで染め上げた傘がたくさん並べられていました。

こちらでお土産を購入しました。

(吹屋の紅だるま)

(横にスライドしてね)

階段を登ったところに「本山山神社」があり、少し高台からみる事ができます。

一通り歩いたので戻る事にしました。

吹屋小学校へ向かう

通りから少し外れたところにある「吹屋小学校」に行ってみる事に。

「吹屋小学校」

プールが見え、その先に木造の後者が現れた。

小さいながらに立派な建物だ。

運動場とプールが同じくらいのサイズ。行った時は工事をしていた為に柵がしてあった。

結構歩き回って散策したのでそろそろ戻るとしよう。今回写真に撮ったところ以外にもお店や施設があるので調べてみて下さい。

ちょっと半日では回りきれなかったなぁ…。

こういうところはのんびりボーッとしながら気が向いたらお店や施設に行ってみるみたいな感じがベストだと思いました。

なのでまた訪れたい場所ですね。

 

吹屋ふるさと村

場所:岡山県高梁市成羽町吹屋838-2

高梁市観光ガイド

Aujen 携帯扇風機 充電式 最大作動時間35h ハンディファン 手持ち扇風機 小型
created by Rinker
タイトルとURLをコピーしました