【福寿湯】城下町の元銭湯がコーヒースタンド福寿湯に(岡山県津山市)

食べ物

ちょうどイベントがあると知り合いに誘われていたので行ってみました。

通常営業ではなかったですが雰囲気などは味わえました。

津山市城東地区にある元お風呂屋さんのコーヒースタンド

 

岡山県の県北、津山市にあるコーヒースタンド。

元々は銭湯を経営されていた所を改装し、コーヒー屋さんとして新たに営業されています。

「福寿湯」という名がまた縁起がいいですね〜。

 

コーヒースタンド」ってナニ!?と思って調べたら立ち飲みやテイクアウトをメインとした営業形態の事をいうようです。

 

今回はヒップホップのイベントという事で通常の営業とは異なりますがお邪魔しました。

 

たまたまテレビで観て気になってた。

 

外観は当時の銭湯そのままという感じです。

レトロな雰囲気全開でいい感じです。

 

店内の様子

 

5月5日こどもの日という事で「鯉のぼり」が飾られていました。

 

 

今回はイベントなのでもともと浴槽があったところにDJブースが設営されていました。

壁には画家の小林悦子さんが作ったアートが並んでいます。

 

ボーッとしていると頼んでいたコーヒーが出来ました。

 

 

もちろんホットコーヒー。

大事な事なのでもう一度言います。

もちろんホットコーヒー!!!(笑)

 

オリジナルのラベルがプリントされています。

なんかみた事ないようなヤバイ珈琲の機械(焙煎用?)から作られたコーヒーは美味しかった。

 

城下町の勝間田町

 

この通りには城下町だった頃の面影がいまだに残っています。

 

 

ここに当時の勝南郡勝間田村(現在の勝央町)の方が来て出来た町という事で「勝間田」という地名が引き継がれたようです。

勝央町といえばスチャダラパーのBOSEさんの出身地ですね。

 

最初の津山城主 森忠政は、作州一円から商人を集めて城下町を作らせたが、

この町もその一つである。

勝南郡勝間田村(現在の勝田郡勝央町)付近からの来住者によってできた町であるので、その出身村名を町名にしたと言われる。

江戸時代に建てられた町家が今も残り、津山城下町の面影を伝える一帯である。

築城当初は、ここまでが城下町であった。

 

 

 

また通常営業の時にも訪れたいと思います。

 

コーヒースタンド福寿湯

住所:岡山県津山市勝間田町5

営業時間:10:00〜17:00(日曜日8:00〜17:00)

定休日:月曜日

(※変更になる可能性があるため公式からご確認下さい)

Twitter Instagram Facebook

 

タイムモア TIMEMORE 栗子C2 手挽きコーヒーミル 手動式 コーヒーグラインダー
created by Rinker
タイトルとURLをコピーしました