【血洗池ダム】妙な静けさに包まれた池…(赤磐市)

前回行った須佐之男命(スサノオノミコト)が八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治した際に使った剣を洗い、身を清めたとされている血洗の滝・血洗滝神社のさら下流にある池へ行きました。

「血洗の滝」の水(滝山川)が流れ込んでできた池。

前回行った「血洗いの滝」はインパクトのある名前とは裏腹に日本の神話に出てくる通り神々しく、心が洗われるようなスポットでした。

この滝山川(源流)の下流にはその水が溜まった血洗池(ダム)があります。血洗滝神社にある鳥居の辺りからも見ることはできますが木が生い茂っていて全貌は確認できません。

血洗の滝の方に降りず真っ直ぐ進むとたどり着けるみたいです。せっかくここまで来たので「血洗池」の方にも行ってみましょう。

血洗池(ダム)を目指して

山の中で森に囲まれているので木々が道路に迫って来ています。血洗の滝から離れると徐々に静寂を感じて来ましたね。

池も隠れるように気に覆われていますね〜。これじゃあ血洗の滝からは見えないわけだ。

グネグネとした形状はまるで「八岐大蛇(ヤマタノオロチ)」の切り落とした首のようですね。時よりフナかなんかが跳び跳ねる音にビビりながら道を進んでいきます。

血洗いの滝のトイレ(公衆便所)

前回の「血洗の滝編」でも一応テキストで紹介しましたがネガキャンになってしまいそうだったのでコチラで「公衆便所」について書きたいと思います。(※個人的な意見です)

「正直に言います…怖いです…みた瞬間ちびりそうになりました…」

使えるのかは試してはいませんが閉鎖されていないので使えるんでしょうねぇ。血洗滝神社の本殿の修復ももちろん大切ですがコッチもなんとかなりませんかね?

この辺りから急激に怖くなって来た…。

一人で来た事に後悔し始めた…。血洗の滝に帰りたい…。

でもここまで来たらジャーナリズムを貫いていくしかない!それとは裏腹に血洗の滝の神聖な雰囲気とは全然違った空気になって来ました。

風の流れを遮るようなつくりになっているからだろう。

風が吹かないので道路にも枯れ葉が山ほど溜まっている。本当にここは不思議なくらい静寂に包まれているんですよ。

ようやく開けたところにたどり着きました!!!あのトイレから距離を置けた事でかなり心のざわめきは減っていきました。

タイトルとURLをコピーしました