【岩屋城跡】山頂にデカい鳥居がある低山(津山市)

運動不足により歩き方を忘れてしまいそう…。

たまには山でも登ろうと思います。

岩屋城跡を目指して山を登るぞ。

岡山県の津山市と真庭市のちょうど境目あたりにある。

近くには古着屋の西海岸真庭店があり、国道181号線から細い道に入っていくと駐車場が見えてくるぞ(一応看板が出ています)

ここは第一駐車場でさらに奥に進むと第二駐車場があるみたい。

道沿いには小さな川が流れていて雰囲気も良い。

今回は「登山愛好家のみたピー」に山登りやトレッキングについてあれこれ教わりながら登ることになりました。

階段を登ると切り株のような形のトイレがある。

面白いけど閉所恐怖症の人は若干苦手な作りかもしれないが漏らすよりはマシだ。

なまった体にムチを打って登るぞ、一応過去に大山は登った事があるので死ぬことはないと思う。

岩屋城跡を目指して登山開始。

では早速登っていきましょう!

この山は標高483mと低山なので時期にもよりますが登山用のガチ装備でなくても登れそうです。

まずは針葉樹に囲まれた階段を登っていきます。

すごく綺麗に整備された階段です。

ここから岩屋城登山口。

すごい森林浴感があって日頃のストレスを忘れさせてくれます。

そこそこ階段が続く最初の難所。

体幹を意識しながら自分のペースで登っていくと良いみたいです。

今まで山登りは滅多にしていないので装備など何も準備してないですが、6月の上旬くらいなので梅雨用に撥水性のあるレインウエアくらい持っていけば良さそう(持ってきてないけど…)

階段は結構きついけど綺麗で登りやすいなぁ。

慈悲門寺下の砦跡。

階段ゾーンが終わると「慈悲門寺下の砦跡」という看板がありました。

特に何かあるわけでなく、ここに昔砦があったんですね。

今日はめちゃくちゃ暑いわけでもなく丁度いい気候です。

少し歩くと「慈悲門寺跡」がありました。

ここには元々岩屋城が造られる前から慈悲門寺があり、廃城になると共にここにあった建物も無くなってしまったようです。

現在は空き地になっています。

ちょっとキャンプできそうな所ですね、ダメでしょうけど(笑)

この辺りから少し道の雰囲気も変わり始めました。

めちゃくちゃ歩きにくいという事もないんですがちょっと脇を覗くと崖のようになっています。

足元も岩で凸凹した所もあります。

三合目までたどり着きました。

意外と早いな。

ここは自然に崩れたのでしょうか?

直接危険ではないですがちょっと怖いですね。

またちょっと進んだところに土砂崩れのようになって道が荒れていました。

ここは慎重に気を付けながら進んで下さい。

5合目まで辿り着きました。

ここで大きな看板があり「山王宮拝殿跡」と書いてあります。

頂上までの正規ルートを外れた所に山王宮跡があるみたい。

しばらく進むと2つのルートに分かれています。

真っ直ぐ進むと山王宮跡があるみたいなので行ってみましょう!

道は細いけど意外と歩きやすい。

ただし崖剥き出しになっている道なので注意して下さいね。

足を滑らせると下まで落ちちゃうかもしれません…。

謎の湧き水を発見。

「シャー…」っという音が聞こえてくる。

道の横にある大きな岩肌に清水が流れていました。

いつもこうなっているのか?

時期によっては水が出てない事もあるかもしれませんね。

自然の給水ポイントとなっています。

いつの間にか結構登ってきていたんですね。

この道はひらけていて景観もいい。

もうすぐ山王宮跡です。

というかもうちょっと前から遠目に見えているんですけどね。

山王宮跡に着きました。

大きな岩の塊にある隙間に祀ってありました。

大津市坂本にある日吉大社の山王大権現の分霊を勧請して祀ってあるようです。

それにしても凄い岩だ。

もし岩屋城跡を登るならここへ来ないという選択肢はないな。

うる覚えだけど10分もかからなかった。

ひっそりとたたずむスポットだ。

よし、そろそろ引き返して頂上を目指そう。

タイトルとURLをコピーしました