【がいせん桜通り(出雲街道)】夏の終わり編(岡山県真庭郡新庄村)

春の「がいせん桜」も有名だけどこの時期はこの時期でいい雰囲気だったぞ。

出雲街道新庄宿(町並み保存地区)

岡山県真庭郡新庄村の「がいせん桜」で有名なところ。

道の駅がいせんざくら新庄宿のすぐ目の前を奥に進むとあります。

春に来ると桜が咲くのでとても良いのですが、9月のこの時期にきました。

以前道の駅に訪れた時は体調が悪くてすぐに帰ってしまったのでリベンジ。

なお、看板にあるように基本地元の方以外は車での侵入はやめて下さいね〜。

新庄川(ほうだ橋)を越えて。

 新庄川にかかるほうだ橋(漢字でどう書くかみてなかった…)を徒歩移動。

新庄川の水がとてもキレイですね。

毛無山から流れ出し土用川、野土路川と合流しながらここまでやってきた。その後旭川へと続きます。

川を渡って反対側に「枝垂れ桜の木」がずら〜っと並んでいます。

散歩するには良い道ですね。

歩いてみたくなる道「夢街道」

ようやくたどり着きました「出雲街道」

ちょっと微妙な時間に来たのでやってないお店もありました。

まっすぐ長い道が続いています。

やっぱりキレイにされているので普通のよくある路地のような所とは雰囲気が違います。

さっそく水路にお出迎えされました。

道の両端にキレイな水路が流れています。

苔が至るところに…水のキレイさを物語っていますね。

やっぱり訪れた人は水路を覗き込みながら歩いていました(笑)

そして水路の水が循環するように作られた空間に鯉やメダカが泳いでいました。

なんか水の都みたいなところですね。

たぶん怒られるだろうけど一緒に鯉たちと泳ぎたい!そのくらい気持ち良さそうに泳いでます(笑)

お店や建物もレトロなところや、お洒落な古民家再生されたところが混じっていて面白い。

宿場だったので現在も宿泊できるお店が多いですね。

なんかすごい落ち着くなぁ。

これ水路からマイナスイオン的なのが出てるんじゃないか?

ここに来て初めてのカーブと目立つ真っ赤な橋にたどり着きました。

御幸橋と戸島川

御幸橋」神社・仏閣にあるような橋ですね。

戸島川という小さな川が新庄川に流れ込んでいきます。

この川もめちゃくちゃキレイ。

ここを曲がって出雲街道が続いているようです。

「ここで曲がりますよ!」っていう目印として目立つ橋になっているんでしょうね。

このあたりからは民家になっています。

ちなみに来た道をまっすぐ進むと国道181号線(北房川上線)にぶち当たります。

目の前には新庄村役場の建物がお出迎え。

水路、用水路が好きな方は来るべきところですね。

春に桜を見に来るのもいいですが、人が少ない時期の方が個人的にはのんびりできそうな気がしました。もちろん桜が咲く頃にも来たいですけどね。

 

がいせん桜通り(出雲街道)

住所:岡山県真庭郡新庄村

タイトルとURLをコピーしました