【鬼滅の刃】ヒノカミ神楽のモデルは?備中神楽経験者の考察。

アニメ2期「遊郭編」が配信開始されて更に盛り上がりを魅せる鬼滅の刃で登場する「ヒノカミ神楽」についての面白い考察動画がありました。

関係ないけど「約束のネバーランド」のアニメ2期については…ご愁傷様です…漫画の方を読みましょう…。

神楽歴20年のたけるさんによる「ヒノカミ神楽」解説※ネタバレあり

岡山県高梁市出身で長年「備中神楽」をされていた東京ホテイソン(お笑い)のたけるさんがアニメ「鬼滅の刃19話」に出てきた「ヒノカミ神楽」についての解説動画を出されています。

※個人的な考察なので真実とは異なる可能性があります。

作中、ピンチに陥った竈門炭治郎(かまどたんじろう)が走馬灯でみた父・炭十郎が踊っていた「ヒノカミ神楽」を思いだす事によって形勢逆転するシーンに登場しましたね。

那田蜘蛛山での十二鬼月、下弦の伍である累との戦いで圧倒的な力の差の前に「水の呼吸」では太刀打ちできなくなり、反撃をくらい絶体絶命のピンチに。その時走馬灯で炭治郎が幼少時代、父がまだいた頃の記憶を呼び戻す。父・炭十郎は身体が弱く床に伏している事も多く、日常的に動く事もままならないような状態でしたが竈門家に伝わる「火の仕事を生業にする家系が年の初めに行う神楽」で怪我や災いが起きないよう舞を捧げる場面で雪の降る中舞を踊り続ける事ができていました。それがヒノカミの呼吸法を使う事で可能になった事を思い出す。

自分も子供の頃にドラゴンボールを見て必死に「舞空術」を会得しようと練習したなぁ。今の子供達は「呼吸法」を学んでいるのだろうか?実際に呼吸法は実用的だったりするから覚えるのはアリかもしれないぞ。

アニメ作中の「ヒノカミ神楽」部分を担当された方

作中の炭十郎がヒノカミ神楽を舞っている部分を担当されたのはNAOKIさんという振付師の方のようです。専門は現代のダンスなので色々な全国各地にある神楽をみてインスパイアを得たみたいです。

色々な舞を参考にして自分のダンスとミックスして作ったので特定の神楽というわけではないようです。なので「正式な神楽を忠実に再現しているわけではない」という見解です。

もちろんアニメのモーションみたいな所は原作者が関与しているわけではなさそうだけどカッコよく魅せるためにこういう努力は必要だよなぁ、音楽とスライドする一枚絵だとちょっと臨場感に欠けるし…。

そもそも神楽とは?

神楽とは「神様を楽しませる為に行うモノ」

神楽の語源は「神座(かみくら、かむくら)」とされていて神の宿るところ・招魂・鎮魂を行う場所という意味合いがあります。日本の神道、神事において神様に奉納するため歌や舞を捧げる事。

神楽については大元になった2種類に分けられる。

①御神楽(みかぐら)②里神楽(さとかぐら)

①御神楽皇室などで捧げられる神楽なので一般の方は見る機会がない神楽らしいです。(天照大神が天皇家の始祖であるとされています)

②里神楽は大衆向けの一般的によく目にする事ができる神楽の事みたいなのでヒノカミ神楽は庶民に一般的な「里神楽」に分類されますね。

「鬼滅の刃」の聖地とされているのは熊本県の宝満宮竈門神社、大分県の八幡竈門神社で両方とも主人公の苗字と同じ名がついています。作者の吾峠呼世晴さんが福岡県出身という事もあり何かしらインスピレーションを受けたのでしょうね。

「古事記」とか「日本書紀」とか面白そうだけど名前とか用語が難しすぎて全然頭に入ってこないんだよなぁ(笑)

タイトルとURLをコピーしました