【パラシュート無しで落下】生き残った人と生存方法。

暇つぶしに色々みてたら面白いものを発見したぞ!

「ネットに着陸」パラシュートなしでスカイダイビング。

アメリカカルフォルニア州で世界初となる上空7600mから「パラシュート無しのスカイダイビング」に成功した。

方法は地上に広げられたネットに着地するという荒技だ。

このチャレンジを成功させたのはルーク・エイキンスさん(当時42歳)

スタントマンでこれまでに1万8000回以上のスカイダイビング経験があった。

ネットの位置に着地できなければ100%アウトだし、ネットに着地できたとしても変な体制で落ちてしまうと安全ではない…。よくやるよなぁ〜。

「空中で仲間と合流」パラシュートなしでスカイダイビング。

アンティ・ペンディカイネンさんの場合は少し方法が違う。

なんの装備も身に付けないままダイブ。

他のパラシュートを付けた仲間と空中で合流し、掴まることで無事成功させた。

もちろん空中で人同士が激突してしまうと無事では済まないし、うまく繋がっていなければパワシュートを開いた衝撃で切り離されてしまう。

パラシュートがひらかないって事故ならわかるけど、自ら装備を投げ捨ててるもんなぁ…。

「ウイングスーツで着水」山頂からウイングスーツでジャンプ。

山頂から海に向けてムササビのように飛び降り、まるで鳥や飛行機のように水辺に着水する方法。

理屈からすれば大丈夫そうな気もするけど保証はどこにもない。

垂直に落ちるわけではないので減速はできるが、入水角度を間違えれば人体へのダメージは計り知れないだろう。

ちなみにウイングスーツは楽天市場で購入可能。

ただ実際に使用する場合は最低200回以上のスカイダイビング経験(要インストラクターの指導)が必要となる。BIRDMAN BLADE III Wingsuits (ブレイド III ウイングスーツ)


やってみたい気持ちはちょっとあるけど…ねぇ…。

素人がパラシュート無しで生存。

今まではスカイダイビング経験のある玄人でしたが、こちらは旅客機の爆発事故に巻き込まれた方がパラシュート無しで生き延びた話。

タイトルとURLをコピーしました