【感想】iPhone SE(第一世代)からiPhone 12 miniへ

エンタメ

同志よ…集いたまえ。

iPhone SEが寿命を迎えた…

 

長らく使っていたiPhone SE(第一世代)がリカバリーモードから復旧できなくなった。

おそらくは寿命だったのだろう…。

 

と…いうことは…

 

新たに機種変更しなければならなくなってしまったのだ…。

今、これを読んでいるのはおそらく【同志】の方々ではないだろうか?

 

そう…大画面などいらない!!!

ポケットにすっぽり収まり!!!

片手で操作できる!!!

 

そんなデバイスしか使いたくない人々…。

それを私は同志達と呼んでいる。

 

今やiPhone SEの発売から数年経ち、ケースなどのアクセサリーなども家電量販店から姿を消した。

おそらく今、SE(第一世代)を使っている方が今後悩むであろう後継者選び…。

 

一足お先に旅立った私の感想をここに記す…。

 

ここからは普通に書きますね。

iPhone 12 miniに変えてからの使用感など感想

 

ということでiPhone 12 miniを購入。

名残惜しい感じもありますが、やっぱり新品の開封はワクワクしますね。

 

なぜ【iPhone 12 mini】を選んだかというともちろんサイズです!!!

もちろんiPhone SE (第二世代)という選択肢もあったけどコチラにしました。

 

というか壊れた時にちょうど販売開始になったんですよね。

 

早速中身を見てみましょう。

 

 

色はブラックです。

カラーはどれでもよかったんですが無難な色を選択。

 

 

混入物はこんな感じ… (混入物!?)

付属品ですね。

 

左からライトニングケーブル、簡易説明書、アップルシール、SIMカードのところ開けるヤツ、これらが入っていた紙の袋、画面保護していた紙みたいなの。

 

もうコンセントアダプタ部分は付属されていません。

 

ではiPhone SE(第一世代)とiPhone 12 miniを比べてみましょう!

 

 

やっぱりSEの方がサイズは断然小さいです。

しかし、持った時に

「・・・デカッ!」

と思うほどではなかったです。

 

こう見ると他のiPhoneに比べると雰囲気は似ていますね

 

 

この画像だと分かりにくいですが、画面サイズが大幅にアップしています。

重さもやはりSEにはかないません。

こちらもメチャクチャ重くて片手じゃ疲れそう…みたいな印象は受けませんでした。

 

ここからは懸念していた部分や実際に使用してみた感想です。

 

※壊れてからしばらく【iPhone7】の代替機を使用していたので感覚がバグっているかもしれません。もちろん大画面のクソ仕様のやつです。もう「研ぎ石」を常に持ち歩いているような感覚でした…(涙)

iPhone SE(第一世代)との比較

 

側面の物理ボタンは凹凸が小さくなっています。

また、SEのボタンは固かった印象でしたが(初期不良?)miniはストレスなく押せます。

 

画面サイズはSEを使っていた方からすれば十分すぎるサイズです。

若干縦長になっている感が強いので上下のタッチ操作が片手ではしづらいかなぁ?

横幅も長くなっていますがコチラはそこまで違和感はありませんでした。

 

カメラはバチクソ綺麗になってます!!!

まだ、そこまで撮影などは試してませんがちょっと触っただけでわかりました。

こんだけのスペックなら十分です!たぶん持て余します。

時代の流れを感じます…。

 

よく考えろ…アレが無くなってるんだぞ…

やはりSE初代ユーザーの懸念材料【ホームボタン】がない!!!

 

今まで自分はホームボタンが無いモノを触ったことがなかったのでやはり一番迷ったのはここですね。

このホームボタンの操作に慣れてしまっているのでもう未知数…。

 

そして使ってみた感想は…。

 

 

「あっという間に慣れる事が出来そう!」

 

個人的にはですが、最初は違和感があったもののほとんどストレスを感じませんでした。

だいたい操作する部分も親指で変わらないし慣れるのは時間の問題だと思います。

この部分は思った以上に違和感なく移行できそうです。

 

ここからは予想してなかったポイント

触った感覚だけじゃ裏表がわからない!!!

 

これは実際に触ってみて気付きました。

放り投げていたiPhone 12 miniを何気なく手に取った時にどっちが裏か表かわからない!!!

 

まあ、見てから手に取ればいいんですが

これは自分がカラーをブラックにした事で余計に分かりづらくなってしまいました。

 

まぁそこまで重要かと言われるとそうでもないですが…。

ただこれはカバーをつける事で解決しました、秒で(笑)

 

ちなみにこちらのエレコムのソフトケース。

PM-A20AHVC。

 

 

歴代のiPhoneは全部このタイプのソフトケースを使ってきました。

10年以上使ってきて一度も落として壊した事はありません。

 

透明なのでシンプルでいいですよね。

ただ今回は若干外側カメラが少しだけ出っぱっているのでちょっとだけ不安。

まぁよっぽどピンポイントに落とさなければ問題ないと思います。

 

付けてみてびっくりしたのがグリップ力が高まってメチャクチャ持ちやすくなった!!!

iPhone 12 miniの本体表面はけっこうサラサラしているし、ちょっとサイズアップしているので持ちにくさが少しありましたが改善しました…かなり。

文字を打つのも爆発的に打ちやすくなりました。

 

画面のフィルムはコチラもエレコムのモノ。

PM-A20AFLF。

 

 

反射しないタイプです。

 

触った感じは少しザラザラとした表面で操作性も落ちることなく全く影響ありませんでした。

そして超貼りやすい

気泡一つなく、しかもある程度貼り直しが効くので几帳面な方にもオススメです。

 

総合的な感想【良い選択をしたと思う】

 

まだ使い込むまでに至っていませんが感想としてはiPhone 12 miniにして良かったと思います

今現在iPhone SE(第一世代)を使っている方の今後の参考になればと思います。

 

本体価格が高いのを除けばね…

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました