レバノンのベイルート大規模爆発から学ぶ爆風の恐ろしさ

※いろいろな方が投稿されていて、中にはグロテスクなモノもありますが、そういったものは避けて記載しています。

8月5日「ベイルート」の爆発

レバノンのベイルートで大規模な爆発が起きました。

原因は詳しくは分かっていませんが爆発した建物には2750トンもの硝酸アンモニウムがありここまでの規模の大爆発を引き起こしたようです。100人以上の死者を出し、負傷者も数千人出ている模様。亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

まさかこの距離で被害が来るとは思わない…

こちらの動画は建物からかなり遠く離れたところから撮影していたモノです。おそらく僕がこの距離で炎が上がっているのを目撃しても「ここ距離なら安全」とすら思わないはずです。

撮影していた方もまさか自分のところまで爆風が来て巻き込まれるとは思っていなかったでしょう。爆風だけならまだ吹き飛ばされるだけですが、高速の破片が飛び散ってきます。この動画の撮影者の方も亡くなられたようです。

最近の身近なところでは「しゃぶしゃぶ温野菜」のガス爆発

7月30日の福島県郡山市で「しゃぶしゃぶ温野菜郡山新さくら通り店」でガス栓が壊れていて引火、建物は骨組みしか残らない状態になっていました。安全に使っていれば問題のないガスでも多くの地域で使われています。岡山県でも去年、津山市の台湾料理店で爆発事故が起こりました。

身近でも起こるかもしれない爆発事故

僕もかなり前の話になりますが、自宅でガス漏れが起こったことがあります。

ガスボンベに繋がっているホースが老朽化なのか、ネズミが噛んだのか分かりませんが破れていてガスが漏れ出ていました。時間は深夜の2:30頃だったと思います。

たまたまトイレに起きた時に異様な匂いがしたためキッチンに行ってみるとホースから漏れていました。その時ガス漏れが起こった場合に警報してくれる装置が近くにあった記憶があるのですが作動していませんでした。もし気づかずにいて引火していたらと思うと…

すぐ近くが寝室だったので死んでいた可能性があります。

改めてこの大規模爆発から学んだこと

もちろん状況によって対応は変わると思います。

今回のような炎が上がっている建物に通りすがりなどで遭遇した場合は速やかに避難しましょう。また、いつ爆発が起こってしまうか分からないので建物と自分の間に硬くて強そうなモノを隔てた状態で移動しましょう。最悪、飛び散ってくる破片などは回避できる可能性が上がります。

どうしても火災などが起こっている場合、足を止めて眺めてしまったりしがちですが建物内に何があるか分からないので身の危険の危機を忘れないようにしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました